大阪府箕面市船場西・千里中央にある「吉村歯科」では、歯周病・インプラント・矯正などの治療を行っております。
吉村歯科スタッフのホワイトニングブログ

治療について歯周病

歯周病

◆歯周病とは

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の間に入り、歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。プラークには非常に多くの細菌(歯垢1mg中に1億から10億個の歯周病菌が存在)が含まれており、その細菌が毒素を出すことにより起こります。

◆歯周病はどのようにして進行していくのでしょうか。

歯周病の進行

ポケットが4mm以上になるといわゆる「歯槽膿漏」とも呼ばれる歯周病と診断されます。厚生労働省の調査によれば、「歯肉炎」も含めると成人の8割が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病の初期段階には自覚症状が少ない為、気づいたときには手遅れになっている場合もあります。歯周病によって歯を失うだけではなく、最近では歯周病菌が動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の悪化にも大きく関わってくることが指摘されています。

◆あなたも歯周病かもしれません!?自分で歯周病を早期発見するためには・・・

歯周病はなるべく早い段階で見つけ、早い段階で治療することが最も大切です。ご自身で歯周病のセルフチェックをしてみましょう。

  • 歯茎が腫れる
  • 歯茎から出血する
  • 口臭が気になる、または口臭を指摘される
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなった
  • 特に起床時に、口の中がねばつく
  • 歯茎がやせてきた
  • 歯と歯の間の隙間が広くなってきた
  • 歯がぐらぐらする

◆歯周病を予防し進行させないためには・・・

イメージ画像

歯周病の原因は、磨き残しにより付着したプラークにあります。歯周病を予防するためには、まずプラークを付着させない、付着したらすぐ取り除くことが大切です。そのためには、食後の正しいブラッシングが不可欠です。通常の歯ブラシだけで、プラークを完全に落とすのは難しいので、必要に応じて、歯間ブラシやフロスも使用することをお勧めします。歯間ブラシのサイズなど、ご自分に合ったものを歯科医院で選んでもらい、正しい磨き方・効果的な磨き方をプロに指導してもらいましょう。
ご自身での丁寧な歯磨きを毎日継続することが一番の予防法ですが、同時に健康的な食生活を心がけることも大切です。糖分が多く、柔らかい食べ物ばかり取らずに、繊維質の多い野菜・果物類を多く取るように心がけバランスのよい食事をするようにしましょう。

また喫煙も歯周病の大きなリスクファクターとなります。ニコチンが体内に入ると白血球の働きが悪くなり歯周病菌による炎症がおきやすくなり歯周病を悪化させ、ヤニが付着することによって歯周病の原因となる歯石やプラークが付きやすくなります。喫煙をされる方は特に注意が必要です。

自分では取りきれない歯石やプラークを取り除く為、歯科医院で少なくとも半年に1回は定期的に検診・クリーニングを受け、お口の中の健康状態をチェックするようにしましょう。

歯周病の検査と治療について

歯周病の検査はプローブという器具を用いて一歯ずつ歯周ポケット の深さを測り、出血・排膿の有無などを調べます。このポケットの数値や出血・排膿の状態により歯周病の進行度を詳しく知ることができます。

まず専用器具や超音波器具を使用して、歯面に付着した歯石を徹底的に取り除き、クリーニングして歯肉の状態を改善していきます。歯周病の進行が著しい部位には必要に応じて手術を行います。病的な歯肉部分を手術で取り除き健康な歯肉へと戻します。

正しい歯の磨き方・歯間ブラシ等の使用法・食事のとり方なども合わせて指導していきます。治療や手術をすすめ、症状が改善または安定したら、その後は定期的に経過を観察しながら、悪化させないように管理していきます。

歯周病の検査
ポケットチャート

インプラント治療

(1) 軽度歯周病の場合 (2) 中等度歯周病の場合 (3) 重度歯周病の場合
軽度歯周病 中等度歯周病 重度歯周病
ブラッシング時に出血がある。(但し喫煙者は出血しにくいのでこの症状はでにくい)歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなる。口臭を感じる。部分的に歯茎の腫れを感じる。歯を支える骨が溶け出す。 歯を支える骨が更に溶け半分位になる。ブラッシング時に口臭を感じる。歯茎が腫れている。時々全体の歯が浮いた感じになる。 歯を支える骨がほとんどの部分溶け、歯と歯の隙間が大きくなる。歯がぐらぐらしてくる。硬い物は食べられなくなる。

歯周病治療と管理体制

各患者様の歯周病の進行程度に応じて下記のような治療を行っていきます。

(1) 軽度歯周病の場合 (2) 中等度歯周病の場合 (3) 重度歯周病の場合
まず正しく効果的なブラッシング方法を指導し、確実に身につけていただき、毎日のセルフケアができるようにします。同時にプロによる歯石除去(特に歯茎の中)をすることにより、治していきます。ここから、中等度・重度歯周病に進行させないようにすることが最も大切です。 (1) に加え、一本ずつ、歯周ポケットの深い所まで歯石除去をします。
場合によっては、手術により歯石や悪い組織を取ることが必要になります。
(1) (2) に加え、歯の動揺の程度によっては、手術によって悪い組織を取り除いたり、骨を再生させることにより、できるだけ長く残せるように治療していきます。動揺が大きい歯は、やむを得ず抜歯対象となることもありますが、残せる歯は可能な限り長持ちさせるように、きちんと管理していきます。

当院での歯周病治療症例

詳しくは「当院での症例」をご覧下さい。

ページトップへ>>