HOME > 小児歯科

小児歯科

乳幼児期の虫歯における基本治療方針

吉村歯科では乳幼児の虫歯治療に対して、「予防」に重点をおいた方針に基づき治療していきます。

虫歯の進行度を正確に把握
緊急時を除いて、できるだけ削らないで処置
虫歯ができた原因を把握
今後虫歯を作らない環境作り(「予防」)
ブラッシング指導・食事指導・フッ素指導
できた虫歯の進行を止める処置(薬剤塗布など)
定期的に経過観察・管理(定期健診)
乳幼児期の虫歯における基本治療方針

まず虫歯の進行度をレーザー医療機器”ダイアグノデント”を使用することにより肉眼では確認できない虫歯まで正確に把握し、できるだけ削らないで、その虫歯の進行を止める処置を行います。同時になぜその虫歯ができてしまったのかを保護者の方に食習慣、生活習慣等を詳しく伺うことにより、明らかにしていきます。

すぐに虫歯を削って修復治療をしないのは、『今後、虫歯を増やさないこと』 『今ある虫歯を悪化させないこと』 さらには、『永久歯の生え変わり時期までに虫歯を作らない環境を作ること』を第一に考えているからです。その場ですぐに歯を削り、幼い子供に苦痛を強いることは、いたずらに歯医者に対する恐怖心を植え付けるだけで、今後の環境作りにマイナスになる可能性もあります。

虫歯ができた原因を明確にした上で、必要なブラッシング指導・食事指導・フッ素指導を行い、定期的に(3ヶ月~半年毎)検診を受けていただき、虫歯の進行がないかどうかの経過観察と指導を行っていきます。

初期虫歯であれば、永久歯に生え変わるまで定期管理により悪化させないことも十分可能です。かなり進行した虫歯でどうしても修復治療が必要な場合においてのみ、上記のような虫歯を作らない環境が整った時点で初めて虫歯の修復治療を考えていきます。

学童期の虫歯における基本治療方針

基本的な考え方は、乳幼児における治療方針と同様です。とにかく 『永久歯には虫歯を一本も作らないこと』 を第一目標としています。そのためには、乳幼児期からの虫歯を作らない環境作りと定期健診が非常に重要になってきます。

たとえ、永久歯に虫歯ができてしまったとしても、初期虫歯であれば削らずに環境改善によって治癒させることを目指しています。なぜなら、虫歯の修復治療で詰めた部位が一生持つということはまずありえないですし、やり直しの際はまた歯を削らなくてはなりません。削った歯は二度と戻ってはきません。長い目で歯の健康を考えた場合、その虫歯が本当に削って治療する必要かあるのかどうかを慎重に見極め、歯を削るのは最小限にとどめるべきと、吉村歯科では考えています。これは大人の虫歯治療にも同様に言えることです。

※箕面市の国民健康保険をお持ちの方へ
~箕面市学童う歯対策事業をご存知ですか?~
箕面市の国民健康保険に加入している小・中学生の虫歯治療にかかった費用については、箕面市が全額負担するという制度(箕面市学童う歯対策事業)があります。該当される方は無料で虫歯治療を受けることができます。平成17年8月より、当院でも取り扱いできるようになりました。希望される方は、来院時受付までお申し出下さい。

虫歯の進行度を正確に把握するために ~ダイアグノデント~

通常虫歯の発見には、肉眼・レントゲン写真での診査などが行われますが、小さな初期虫歯まで完全に発見するのは難しいのが現状です。吉村歯科では、虫歯の進行状況を正しく把握、その虫歯が本当に治療が必要かどうかを判断し必要以上に歯を削らずに予防的な治療を行うため、最新の虫歯感知レーザー “ダイアグノデント”を使用しています。
ダイアグノデントは、最新の虫歯感知レーザーで、安全なレーザー光を歯に照射し、その反射光を読み取ることにより、見た目にはわからない小さな虫歯やしずく状の虫歯を発見し、虫歯の進行状態を正確に測定します。

虫歯の進行度を正確に把握するために~ダイアグノデント~
  • ・歯を削らなくて済む初期段階で小さな虫歯を発見し予防処置ができる
  • ・虫歯を削って治療する場合でも健全な歯質を削らずに確実に虫歯だけを取り除くことができる

という点で、非常に有用な機械と言えます。
また虫歯の進行状態が数値で表示されるので、患者様にもわかりやすく、痛みもない為、患者様の負担も少なくてすみます。

お問い合わせフォーム